人生オワタカの冒険~ミャンマー編~⑥全然ディスコじゃないディスコことエンペラー

金ぴかの塔ことシュエダゴン・パゴダでぎりぎりまで粘ったせいでエンペラーのオープニング間際になってしまったのでホテルに帰らずそのままお店に直行

そもそもエンペラーとはネット界隈ではディスコという位置づけの店らしい

場所は下の地図のところ

f:id:jinnseiowataka:20180710230655p:plain

通りを歩いていると看板がでかでか掲げてあるからすぐわかる

店は建物の5階

ぼろいエレベーターで5階まで上がり入場料を払って入店

いくらかさっぱり忘れてしまったがネット情報では8,000チャットらしい

記憶にないがワンドリンク付きらしいだった些細すぎて全然覚えていない

f:id:jinnseiowataka:20180710224935j:plain

f:id:jinnseiowataka:20180710225555j:plain

店内は薄暗い

そんなに大きくない音でEDMが流れている

開店してすぐだったので客は1組くらい

店の中にはソファ席がテーブルを囲むようにして並んでいる

どうやらディスコというくくりらしいが立って踊ったりする感じではなさそう

好きな席を選んでと言われたがどこが良い席なのかわからず悩む俺

なにやらステージのようなものが中央付近にあり、ちょっとだけ回りより明るいわけのわからん隅っこの暗い席よりどうせならステージの近くがいいかなと思いステージの近くを陣取った

二人掛けのソファがコの字型に机を中心に3個並んでいる作りだ

つまりは6人座れるがそこに俺一人でちょこんと座った

メニュー机にあったので見ているとボーイ風の店員がやってきたので飲み物を注文し運ばれた飲み物を飲みながら回りを観察

飲み物の値段は忘れたがゴーゴーバーよりは安いなと思った記憶があるのでたぶん2,000~4,000チャットのレンジだったんだと思う

女の子が店内をうろついて営業をかけてきたり、ママやボーイが女の子連れてきて勧めてきたりする

そのほかにも新規客が入ってくると女の子を10人くらい並べて紹介するようなシステム

このいっぱい並べるシステムはいっぺんにたくさん見れるのはいいが情報量が多すぎて優柔不断な俺には選ぶに選べないから苦手である

自分から歩き回ってガンガン探しに行くって感じではないように感じた

現にそういう人は見なかった

ボーイの中には日本語をある程度話せる奴がいるので英語やミャンマー語ができなくても安心

逆に女の子はミャンマー語のみって子ばかり

今はまだ開店したてということもありまだ出勤してないやつもいるだろうからすぐ選ぶのは安直と判断

とはいえもたもたしていると墓場になってしまうので見極めが難しい

とりあえず30分は様子を見ようと思い営業をかけてくる女の子やボーイやママに俺は30分間お酒の飲みつつ音楽を聴きたいからもし誰か選ぶならその後にすると言っておく

言うだけで実際が店内を血眼になっていい子を探す俺

ちょこちょこ営業をかけてくる子もチェックする

それにしても店内が暗すぎる

ボーイとかママが女の子連れてきて顔を懐中電灯みたいので照らしてくれるが照らしてくれないと非常にわかりにくいレベル

とはいえさすがはエンペラー有名なだけあって若くてかわいい子が多い

20前後付近ばかりだったそのあたりは非常に評価できる

開店したててで20~30人くらいいた

なかなかである

七時台だと客はそんなに多くなかったから選びたい放題

30分が過ぎ誰か選ぶことにした

ボーイを使って3人づつくらい細くてかわいい子を連れてきてくれと言って探してきてもらうことにした

3回くらいチェンジしたところで良い子を発見席につけることにした