人生オワタカの冒険~ミャンマー編~③とびだせ置屋探検隊

基地外をどうにか切り抜け当初の予定通りShan Yoe Yarというレストランに向かった

到着してすこしびっくり思っていたより立派なレストラン

f:id:jinnseiowataka:20180708201950j:plain

レストランに着くころにはある程度落ち着いたが汗だくで店内へ

なかなか清潔感のあるレストラン

麺が有名っぽいので麺を頼み麺だけじゃ味気ないかなともう一品適当に注文

料理を待っていると興奮状態からかなり落ち着いてきた

落ち着いてみるとコンクリートの投擲を防いだ左手の手のひらが痛い気がする

痛い気がするっていうかもうこれ痛いわ!

腫れてきてんじゃん

やはりコンクリートはコンクリート

攻撃力半端ないらしい

よくわからんが折れたりひびが入ってたりはしないかな?

ただ痛い

打撲かな?

ついてねえな

まあそれより飯だ

f:id:jinnseiowataka:20180708202331j:plain

f:id:jinnseiowataka:20180708202423j:plain

なかなかうまそうな麺となんか変などことなく下呂を連想してしまいそうな料理が運ばれてきた

食ってみると麺はベトナムのフォーみたいな感じ

まずくはないが俺的にはフォーのほうがうまいと感じた

もう一つのなぞの料理の正体はどろどろのポテト

ポテトだからそうなんだろうけどポテトの味しかしない

正直おいしくない失敗した

ただ量が多くてめちゃくちゃお腹にたまる

くどいし残してしまった

飯を食った後は元来たボー・ジオーク・ロードをホテルのほうへ歩いていく

さっきの基地外が仲間を引き連れて待ち伏せしてたら嫌だな

飯も食ったことだしヤンゴン探索をすることに

ネットに置屋情報があったので情報を頼りに置屋探し

エンペラーの北側にあるらしい

f:id:jinnseiowataka:20180707212447p:plain

f:id:jinnseiowataka:20180707211234j:plain

地図を頼りに探しているとネットに出ていた黄色の看板が目印の建物を発見

この中に入っているらしい

中に入ってみるとなにやら量販店のような雰囲気

事実そうなんだろう

中に入って右手にエレベーターがあった

すごい並んでいる

エレベーター待ちの空間は狭い上ミャンマー人の彼らに順番という概念はないのかエレベーターが来たら我先と乗り込んでいく

狭いエレベーターということもあり一回目は乗れず

二回目でようやく乗れた

エレベーターの中にはエレベーターガールではなくエレベーターおっさんがいる

ただでさえ狭いエレベーターの中に椅子に座って待機している

役割は客が言った階層のボタンをぽちっと押す役割んなんだがおっさんがいなければ後二人乗れるし邪魔者以外の何者でのねえぞ

ぎゅうぎゅう詰めで暑苦しいエレベーターで6階へ

みんな5階までに降りてしまい6階まで残ったのはエレベーターおっさんと俺の二人きり

6階に着き一人で降りた

なんか廃墟みたいな階なんですけど

見回すと怪しい扉がある

開けようとしたけど開かない

開かねえなと思っているとどこからともなく現れた男がこっちこっちと扉のない入口から中に招き入れてくれた

レディか?と聞かれよくわからんがなんとなく頷くとこっちにこいとやたらとピンクの部屋に通された

f:id:jinnseiowataka:20180707212834j:plain

 そしてここで待ってろと言われしばらく待機

しばらく待つと男が女を3人連れてきた

「どうだ?」と言ってくる

どうだもこうだもねえよめちゃくちゃブスじゃねえか

「ノーノー」と言うと「わかった待ってろ」と言われ再び待機

しばらくしてまた3人連れてきた

全員いっぺんに連れてきたら早いのになにこの小出しシステム

2回目でまあいいかと思ったので一人を選んでミャンマーという国についていろいろ聞いたりして勉強することに

40,000チャットと言われたがネット情報では20,000~40,000が相場らしい

まあいいかということでそれで承諾

個室に通された

個室内には布団が敷いてあるなんだか汚らしい

布団のほかには紐に吊るされた布が掛かっていた

部屋の外から見えないようにするための目隠しかな?

部屋に入ると男がおり近藤君はあるか?といわれないというと10,000チャットだといってきた

10,000・・・高くね?

とはいえミャンマーにきてまだ3時間の男である

言われるがまま払ってしまったクソ雑魚のわたくし

近藤君とウェットティッシュを受け取った

部屋に女と二人きりになると

なんで10,000も払ったの?普通は5,000だよ?とかいってきた

本来は5,000チャットなんだ・・・

正直5,000チャットでも十分たけえと思うんだけど

とはいえ払ってしまったものは仕方ない

ミャンマー文化の勉強に突入した

勉強中思ったことだがこの女オイニーがツイキー

なかなかきついかったが一通り勉強は済ました

ちなみにシャワーはないので全部の処理は先ほど10,000チャットで買ったウェットティッシュでやらないといけなかった

ティッシュ持ってきてると捗る予感

安いっちゃ安いが安いだけでいまいちだなと思いながら建物を後にした