人生オワタカの冒険~インド編~二日目⑤親切が止まらないコルカタ若者よお前もか

MGロードに着きバスを降りた

周りを見回してみる

どっちがどの方角かすらわからない

どこなんだここは

アクティベートしていないのでインターネットもないからMGロードがいったいどこなのかすらよくわからない

かわいいCAに言われた通りタクシーしかないかなと思いながらきょろきょろしていると俺と同じバスから一緒に降りた若者が声をかけてきた

「俺もエスプラネードに行くんだけど電車で行けるぜ、着いてこいよ」

え?ああ、うん確かに俺は行きたいと思っているけどなんでそれ知ってるんだよ、さてはお前さんもかわいいCAにぞっこんで盗み聞きしてたクチ?わかるよその気持ちかわいかったよな

せっかく案内してくれるっていってるんだから若者に着いて行ってみることにした

MGロードのバス乗り場(停留所はない)の近くにメトロの入口がありそこから地下へと降りて行く

窓口でコインを購入

MGロードからエスプラネードまでは2~3駅だったが値段は5ルピーだった

タクシーの四分の一の値段でいけるすごい

ボロいけど地下鉄なんてあるんだと思いながら電車に揺られる

ボロいのでエアコンはない

電車の壁の上の方に窓があり窓は空いている

ちょっとうるさい

すぐにエスプラネードに到着し改札を抜け地上に上がった

エスプラネードに来たけどそもそもエスプラネードってどこやねん

と思っていると「ホテルまでの道はわかってるのか?住所わかるもの見せてくれ」とすごく面倒を見てくれる

ホテルの場所はレイストリート24にあること以外はよくわからなかったのでレイストリート24!レイストリート24!と言ってみた

ネット情報だとインド人は適当な道を教えてくる、でもそれは知らないけど何とか教えてあげたい、力になりたいと思っているから何か答えなきゃと思った挙句そうなってしまうと書かれていた

俺の面倒を見てくれている若者は「すまない、レイストリート24という場所はわからないよ、力になれなくてすまない」といって申し訳なさそうにしていためちゃくちゃ良い奴だった

やはりネットは信用できないぜ

若者は自分ではわからないからと言ってタクシーを捕まえてくれ、タクシーが出るのを見送ってくれた

正直親切すぎて怪しいと思っていた自分が恥ずかしい

タクシーの運転手にレイストリート24というとわかるらしく、インターネットなしでも10時ころレイストリート24にあるホテルに到着することができた

f:id:jinnseiowataka:20171118162443j:plain

わがホテルTRIMOORTIである

一泊2700円とインド的にはエアコン付きだとしてもちょっと高かった気がするがなかなか良かった

f:id:jinnseiowataka:20171118163040p:plain

ネットの画像だがまあだいたいこんな感じであった