人生オワタカの冒険~ベトナム編(ホーチミン)~二日目その1ブイビエンでやんごとなき気分で過ごすベトナムの夕暮れの一幕

昼前に起床

スタバでだらだらしてから1区から見て南の方にあるブイビエンへタクシーで向かった

ブイビエンとはネット情報によるとバックパッカーの集まる街だとか

ブイビエンの北側の通りにはバックパッカーストリートなる通りもあるほどだ

とりあえずブイビエン通りを歩いてみる

東南アジア感のある通りだ

通り沿いのカフェ的な店の中にシーシャが置いてある店が散見される

ブイビエンとバックパッカー通りを2周くらい歩きシーシャの店に入りしばし小休止

ブイビエンの通りにはマッサージ屋が多い

他には何があるかといわれたら飯屋とかまあなんというか商店街みたいな感じの所

普通に見るだけではあんまり面白い要素はない

だらだらしたりするのにはちょうどよさそう

しばらくシーシャを吸ってから赤いフォーを食べてまた通りをだらだら歩く

何しようか頭を悩ませる

やることもないのでバーに入り通りを眺めながら酒を飲む

人通りは多い

酒を飲みながら通りを眺めて人の流れを見るのは結構おもしろい

人生いろいろだなとか思う

酒を飲んでいると物売りが結構声をかけてくる

ほしいものは何もないので何も買わない

ノンノンしていると五人目の物売りが物を売りに来た

5歳くらいの幼女であった

幼女だろうがなんだろうがいらないものはいらないのでノンノンしていたが

なかなか立ち去らない

すると机の上に置いてあったガムに興味を持っているような感じ

いるか?と日本語で話しかけガムをあげた

その場で食い始める幼女

しばらくくちゃくちゃやっていたがどうやらこの場を離れる気になったのかどっかへ行く素振り

ようやくどっかいってくれるか良かったと思っていると

手に持っていたガムの包みを丸め俺の顔に向って投げつけてきた

おい、てめえ!

俺はゴミ箱じゃねえ!どちらかというとゴミの方だし、入れる方か入れられる方かで言えば入れる方だ!

気をつけて帰るんだぞ!

ゴミをゴミにぶつけると幼女は帰っていった