読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生オワタカの冒険~タイ編(ハジャイ)~六日目その2リペ島到着そして遭難

リペ島までは船で約2時間

結構遠い

途中中国人のババアがゲロを吐いていた

俺はというと船がかなり揺れるので隣の白人のお姉ちゃんと方が頻繁にぶつかり、嬉しい反面キモがられるならまだしもなんなら怒られるんじゃないかと思い反対側に座っている中国人のジジイに引っ付き気味で座っていた

そうこうしているうちに何事もなくリペ島へ到着した

海が澄みきっておりめちゃくちゃ半端なくきれいだった

俺のクソみたいな人生で一番きれいな海は今のところここだろう

f:id:jinnseiowataka:20170404210236j:plain

船から降りてとりあえずホテルを探すことに

頼れるのは船のチケットを買った際にめちゃかわいいお姉ちゃんにもらった島の地図のみ

しっかりした地図ならまだしも若干漫画絵入っていており大通りしか記載がないのでホテルにたどりつけるのか正直めちゃくちゃ不安である

f:id:jinnseiowataka:20170404210602j:plain

島の中はTHE南国と言う感じでせかせかしておらず時間の流れも心なしかゆったりと流れる

汗だくになり歩くこと30分

途中現地の人の村に迷い込みアウェー感が半端なかった

f:id:jinnseiowataka:20170404210918j:plain

わけのわからん集落に迷い込みめちゃくちゃ不安だったのであえてドヤ顔で歩いていたビビりの俺

集落の奥まで行き行き止まりだったので「なるほどね!」と言ってやはりドヤ顔でここここ、この集落の奥のどん詰まりが見たかったんだよねみたいな感じで来た道を戻っていった

顔はドヤっているけど熱さとは関係ないような変な汗がとまらなかった

完全に頭おかしい奴に見えたことだろう

道端に雑貨屋があったので水を買うついでに道を聞くと「あっち」とざっくりとホテルの方角を教えてくれたので言われた方向へと歩いていった

一応地図はもっているがそもそも今どこにいるかがわからないのでもはやただのかさばる紙でしかなかったのは言うまでもない

歩いていると犬がいた

f:id:jinnseiowataka:20170404211835j:plain

もう道もさっぱりわからなかったので犬の後をついていくことにした

f:id:jinnseiowataka:20170404212004j:plain

追跡者の存在を知ってか知らずかさっさといってしまうことはなく犬は足を進めていく

f:id:jinnseiowataka:20170404212134j:plain

奴は完全に気づいていた

もうここ犬専用の道でしょみたいな道を犬が進むが最早頼れるのは犬のみである大人しく後をついていく

f:id:jinnseiowataka:20170404212419j:plain

なぜかホテルに到着した

あの犬はエスパー犬だったに違いなかった

なんだ?山の中のホテルか?と思ったが俺が裏から変な道を通ってきただけで

f:id:jinnseiowataka:20170404212842j:plain

表から見ると海に面したオーシャンビューの素敵なホテルだった

何はともあれホテルに到着した