人生オワタカの冒険~タイ編(プーケット)~三日目その3プーケットに存在だけしている男

午後8時ころプーケットに到着

ホテルもなにも決まっていないのでやばいなと思っていたら

空港でホテルの斡旋みたいなことをやっているところがあった

こういうところで予約すると大体割高なんだろうけど時は金なりということでここで1800bのホテルをブッキングした

タクシーに乗り込みプーケットで一番賑わっているとされているパトンビーチを一路目指した

パトンビーチまでタクシーが650bちょっと高い気もする

体感距離は20キロくらいかな知らないけど

空港で予約したホテルにチェックインしてさっそく外出することにした

ホテルから出る際フロントのおっさんにレディボーイが多いから気をつけろみたいなことを言われた

レディボーイとはオカマのことらしい

とても怖いところである

バービアやゴーゴーバーがある通りをフラフラと歩いてみた

8割くらいが白人だったように思う

しかも人口密度がすごい

白人コンプがここに極まってタイガーバーというバービアに入りたかったがビビってしまい入れず通りを歩くだけの俺

しばらくすると雨も降ってきた

もういいやという気になってしまいケンタッキーで飯を食った後どこぞの店にも入ることなくホテルへと戻り就寝することにした

 しばらくプーケットの夜の街を歩いてみて感じたことは一人で来るには適さないかなと感じた恋人とかとくるのがいいと思うね

またメイン通りから少しはずれたとおりでは日本語で話しかけられたり無理やり腕を引っ張られたりするなど胡散臭い営業活動が多かった

東アジア人の顔というものがどうにも同じに見えるらしくチャイニーズ?コリア?ジャパニーズ?といろいろな人に聞かれた

まあわからなくもない俺もなんとなくしか見分けができないのだから

とにかくチャイニーズ?と聞かれることが多かった

俺が中国人顔なのか中国人の割合が多いのかは知らないがね