読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生オワタカの冒険~タイ編~その1出発

2012年10月

一人で初めての海外旅行である

一人という縛りがなくても初の海外旅行である

目的地はタイ

航空券はクレカも何にも持っていなかったのでネットで買うことができず近くのHISなる旅行会社へ行き航空券の手配だけしてもらった

飛行機はタイ国際空港の直行便

所要6時間である

そんなに長いこと乗り物に乗った経験はない

乗る前から不安である

初めての空港

飛行機に乗り込む前までは日本語で手続きを終えることができた

そんなことすらわからない状況だった

飛行機が離陸ししばらくするとCAがドリンクを配って回り出した

やべえめっちゃ喉乾いた超飲み物ほしい

しかしどうやって注文すればいいんだ

そもそも無料か?いや当然無料だよな?それにしても何があるのかもわからないしな

そんなことをCAを眺めながら考えているとCAが俺のところまでもうきてしまった

やっべえまじどうしていいかわからん

とりあえず俺は身振りだけで手を横に振り結構ですというジェスチャーを何とか繰り出すことに成功した

すげえのどが渇いた

またしばらくして今度は機内食と思しきものをCAが配り出した

腹減ったこればっかりは手を横に振って逃げるわけにもいかない

そう思った俺は腹をくくって外国人とのファーストコンタクトを取る決意をした

やってみて結果飯抜きなら納得できるというわけだ

いよいよ俺の席まで機内食のワゴンがやってきた

ひええ何か言ってるけど全然わからないよう

なんかホットライスとか俺の耳には聞こえるんですけど

一回目全く何言ってるのかわからなかったので耳が遠い人のふりをして耳に手をあてて何?って感じのジェスチャーを繰り出した

すると2回目言葉の端にポークという言葉が聞こえたような気がした

ホットライスじゃなくてポークライスか?と思った俺は思い切ってポークと言ってみた

するとどうやら通じたようでお盆が俺の席に置かれた

外国人とのファーストコンタクトの瞬間であった

飯の確保に成功したがそもそもポークライスってなんだろうか

銀紙を開いてみるとそこにはかつ丼が鎮座していた

か、かつ丼様!

外国の空の上まさか日本食と出会えるとは思わなかった少しテンションが上がった

腹を満たしまったりしていると食後のドリンクサービスタイムが始まった

とにかく俺は喉が渇いている何としても飲み物を得なければならない

そしていよいよドリンクのワゴンが俺の横にやってきた

さっきのリベンジじゃいと意気込んで相手の出方を伺う

would youまでは聞き取れたが残りの言葉は聞き取れなかった

相手が何言ってるのかは全然わかんねえがとりあえず俺は「ウーロンティ!」と言葉を発した

するとCAはウーロン茶を紙コップについでくれ渡してくれた

通じた!ウーロンティって通じるんだ!

とまたも少しテンションが上がった

そしてずっと欲していた飲み物の確保にも成功した

コップを受け取るとき何かお礼を言ったほうがいいんだろうか?

そんなことを考える余裕まで出て来ていた

しかし根っからの小心者の口から出たのはほとんど聞こえないくらいの声での「サンクス・・・」というお礼だったまず聞こえていないだろう

言った後にサンクスってそもそもありがとうって意味なのか?言うならサンキューのほうがよかったんじゃないか?と意味不明なところで頭を悩ます俺だった

その後機内で睡眠を取る腹積もりでいたが緊張のあまりか6時間ずっと寝ることが叶わなかった

そうしてようやく俺はタイのスワナプーン空港へと到着したのだった