人生オワタカの冒険~フィリピン編~1日目その3マニラぼったくりタクシー

キャセイパシフィック航空の飛行機はテレビがついていた

いい会社である

ただ映画にしろ音楽にしろ種類が少ないこれで種類が多かったら文句なしだった

とはいえ香港からフィリピンまでは約2時間なのでなんだかんだあっという間に到着した

機内でもらったヘルスカードに記入を済ませ入国審査へと向かう

窓口でもう1枚の書類はありますか?と聞かれ

ないです

と答えるとでは壁際にあるので書いてからまた来てくださいとにべもない

なんだよせっかくならんだのによと思いながら適当にもう1枚も書いて提出し

無事フィリピン入国と相成った

3時間も遅れてしまったのでいそいそと行動を開始する

ホテルへ向かう前に空港で両替とsimカードを買わなければならない

両替は1万円で約3800ペソだった

シムカードは1G制限で500ペソ

なんとなくATMで2000ペソだけ下してみた

両替とシムカードを手に入れ空港でやらなければならないことは終了ということでタクシーでホテルへと向かう

空港から外に出ると人がすげえたくさんいるしなんかタクシーもすげえいっぱい並んでいる

何これ全然意味わからないということで立ち尽くしていると1人のおっさんが話しかけてきた

タクシーか?どこまでだ?とかなんかそんな感じだ

ホテルの住所を見せるとなんか懐から料金表みたいなのを取りだした

ここのタクシーは値段が場所によって固定なんだとかなんか言っている

いくらだ?というとここにのっているとおり3100ペソだという

は?3100?さっき1万両替して3800ペソだったんだがこんなん詐欺ですやんということで、ああじゃあいいわといってその場を離脱する

空港のタクシーでそんなぼってくることあるの?と思いながらフラフラと歩きまわる

空港のいたるところにぼったくり注意みたいな看板が立っている

そんなものが設置してあるにもかかわらずどうどうとだましてくるとは思わなくて思わず騙されてしまうところだった

しかもそのぼったくろうとしてきたおっさんそのぼったくり注意の看板指さしてぼったくりには注意しろよみたいなこと言ってたからね恐ろしいところですわ

空港の扉から出て右手の方に歩いていくと空港指定のイエロータクシーが並んでいる

ああ、これが安全なやつねということでイエロータクシーに乗り込みホテルへと向かう

その道すがら雑談で空港に白いタクシーあっただろ?という話になった

俺が最初に声をかけられたのも白いやつだった

「白いタクシーの運転手、あれは泥棒とかそういう類のやつだよ、今、前を走っているような白い奴ね、あれ乗客いるけどあの乗客やられちゃうね、乗るなら絶対黄色いタクシーにしておかなきゃだめだよ」

とアドバイスをしれくれた

会話の中でアンヘレスまでタクシーで行くならさ俺のタクシーを使ってくれという

値段はいくらだ?と聞くと今年末だからちょっと割高で4000ペソで行くよという

白いタクシーに同じこと頼むと倍くらいかかるよ

とか言っていた

どっちにしろ1万円以上かかるならタクシーはないでしょと心の中で思いつつ

もし使うならあんたのタクシーにするよとか適当なことを言って電話番号をもらっておいた

ホテルまではメーターで400ペソだった

500ペソ払ってお釣りをもらおうとするとお釣りがないんだという

今メリークリスマスとハッピーニューイヤーでしょ?とか小汚いおっさんがかわいこぶっていってくる

もうめんどくさくなったのでわかったわかったといって100ペソをあきらめてお引き取り願った名刺はその場で捨てたし絶対連絡することはないだろう