読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生オワタカの冒険~ドイツ編~4日目ドイツその4fkksharks(シャークス)前篇

ウィスバーデンからフランクフルト中央駅に列車に揺られ戻っていく

時間にして30分くらい

さすがにこれだけ長時間列車に乗っているため切符の確認があった朝もあったのでこの日2回目の検査だ思っていたより頻繁にチェックがあるんだなと思いながら準備していたが俺の目の前から検査が始まり俺からどんどん遠ざかるように点検をしていく

またもスルーされてしまう俺どうなってんの俺は透明人間か?パイ乙揉みまくったろか?とそんなことを考えている間にフランクフルト中央駅に到着した

昼近くになったのでフランスパンのサンドイッチで腹ごしらえをしながらこれからの予定を考える

ダルムシュタットにあるsharksに行くかフランクフルトに残留しoaseへと向かうかの二択である

直観でダルムシュタット行きを決め、6ユーロくらいの切符を買い列車に乗り込んださっきまでは西へ行っていたが今度はフランクフルト中央駅から南の方面へと足を延ばす

列車に揺られること30分何事もなくダルシュタットに到着した

 ダルムシュタットにも温泉がある

朝から二回目の温泉にまた入ったろかと思い温泉を探しながら駅の東の方を探す

ipadの充電切れで詳しい場所がよくわからなくなってしまった

20分くらいうろうろ探し回ったが見つからずこれ以上は時間の無駄ということで本来の目的地sharks(シャークス)へと向かった

歩いてもたかがしれてる距離かな?とも思ったが地理不案内ということもありタクシーでとっととシャークへ行った

f:id:jinnseiowataka:20160220221901p:plain

入場料は45ユーロ飲み物などは全て有料バスローブは無料だった

受付から見て右手にロッカーのスペースがあり、貴重品は施設内にある貴重品ロッカーに別途入れる

中は広く、入ってすぐにソファがあり
左手には外へ出られる扉とその手前に食事ができるようなスペースがある

外も広く、外への扉を出てすぐのところにテレビと寝られるような椅子が数脚
プールやところどころに寝っころがれる椅子がおかれいた

屋外の奥の方にはやり部屋らしき小屋が3つ
くらいならんでいた。
施設中の中央にはバーカウンダー的なものがあり酒とかの飲み物を注文できる

入口から見て一番奥に二階へあがれる階段があり左手にジャグジーとねっころがれる椅子右手にはジャグジーと
5個くらいの休憩スペースみたいな小屋がある
入口のすぐ右手に貴重品入れがありその横にやり部屋への階段があるという間取り