人生オワタカの冒険~ドイツ編~2日目チェコその4ショーパークプラハ探索

ホテルに荷物を下ろして重さから解放された身軽な体でプラハ市内に飛び出した

ヒャッホー今の俺はなんだってできそうな気分だぜ

イエス!フリーダム

疲れて死にそうである

ホテルを出てプラハの街をふらふらと歩いていく歩いていく

建物が整然と立ち並んでいるこれぞヨーロッパみたいな並び方だ

すごく外国に来た感がある

疲れが抜けていくような気がする

そんな中広場を通りかかった

おっさん同士が公然でどうどうとキスしていた

なんかどっと疲れが戻ってきた

その後も適当に歩いていく

マックを通り過ぎたと思ったらまたマックが見えてくる

マックばっかりじゃねえか

全部の店こんでるじゃねえかどんだけマック好きなんだよ

屋台のホットドッグ屋でバーバリアンソーセージを購入した

なんか強そうな名前である

さすがソーセージの本場の隣の国ソーセージがでかい

すごい食った感があって非常にグッドだった

その辺をぐるっとまわって一旦ホテルに帰り

一息ついて、疲れた体に容赦なく鞭を打ちショーパークへと向かった

とにかく楽して行きたいということでタクシーで向かった

なんかやたらとメーターの回りが早くものの数分から10数分で400コルナ(約2000円)も取られた

完全に改造されていた

やられてしまった感はあるもののショーパークに到着した

入場料を入口で240払いそこでパスポートの提示を求められた

パスポート見せる必要性がわからない入れない国の人とかいるのだろうか中国人とか

確か時間制限があったような気がするがメモに残っていない本当に使えない男である

入口からは左と直進とに道が分かれている

直進してみるとゲームコーナーやくつろぎスペースがあり、くつろぎスペースの更に奥には女の部屋があった

入口に戻って分岐を左に行ってみると左にはたくさんの女の部屋だけがあった

とりあえず1周回ってみたが15~20人くらいしかいなかった

正直30~50くらいいるんじゃないかと思っていただけに少しがっかりしてしまった

2周目で少しぽっちゃりしてるチェコ人とチェコの文化について話し合うことにした

値段については現地通貨の値段は忘れてしまったが日本円で5000~6000円だったなという記憶が残っている

女の部屋はあんまり広くない話し合いは可も不可もなく悪くはないがうーんというところkiはNGだった悲しい

少しだけ盛り上がった話合いに区切りをつけくつろぎスペースへ戻って休憩していると日本人のグループがいるのを発見したとはいっても4人だが

チェコといえばショーパークと考えることは同じということだろうか

俺も含め本当にどうしようもないやつらである

くつろぎスペースで休憩していると復活の兆しがありグッとくるお姉ちゃんがいたらいってみようかなと思ったがなかなかグッとこず結局帰ることにした

行きはターボメーターでぼったくられてしまったので帰りはその分節約しようt歩いて帰ることにした

この判断は失敗だった

ショーパークのすぐ南西に橋があるんだが、この橋車しか通れない仕様だった

とことん行動が裏目に出るなと嘆きつつ対岸へ渡れる橋を探してふらふらする

人が全然いない若干不安である

20分くらい東に向かって歩いたところにようやく渡れる橋を発見した

プラハ城が遠目に見えるところまで歩いたので結構な距離歩いたことになる

ショーパークに行く前よりもさらに疲れ果ててホテルへと帰ってきた

しかしまだ夜は始まったばかりこのまま寝るわけにはいかない

一息ついて夜の街に再出撃した