人生オワタカの冒険~ドイツ編~2日目チェコその1両替

列車に乗り込み指定されている席へと行くと先客がいた

え?と思って固まっていると俺の席に座っていたおばさんが話しかけてきた

会話の中にツヴァイとかいう単語だ出ていたのでドイツ語で話しかけられたようだ

?っていう表情が出てしまったのかおばさんが英語に切り替えて話しかけなおしてきた

娘と席が離れた席しか取れなかった私の娘はまだ小さいので隣に座りたいとかなんかそんな感じのことを言っていたように感じた

おkおkじゃああなたの本来の席に座るわと言ってその席を教えてもらいそこに座る

通路側の席に変われたので少しラッキーではあった

車掌になんで席が違うんだ?と聞かれたら正直説明できる自信がなかったがそこはおばさんを夜中だろうがなんだろうがたたき起こして説明させなければならないなと思いながら就寝した

あんまりぐっすりとは寝ることができなかったが仮眠程度はできたように思う

起きたらチェコに入っていた

いつのまにやらもう二日目であるあっという間だ

チェコ内にいるのは間違いないのでそこはいいのだが、降りる駅がいまいちよくわからない

途中駅に列車が停まり何人かが降りていく、俺も降りようかすげえ迷ったが一応その辺にいたおっさんに券を見せてこの券に書いてある駅はここか?と聞いてみたところ英語ではなかったのでよくわからなかったがチェコ語かなんかで次の駅だよと教えてくれた

その親切なおっさんを信じて列車に乗っていると、しばらくして予定していたプラハ本駅に到着した

チェコは通貨がユーロではないので目下両替をしないとなにもできない

とはいえ両替所がどこにあるかなんてわからないのでプラハ本駅にある両替所で両替をすることにした

窓口で200ユーロ両替してみた

5000cknくらいになるもんかと思っていたが4060cknにしかならなかった

あれ、おかしいなぼったくられたか?と思い駅の別の両替所に行ってみた

両替所で並んでいると地元人っぽいおっさんが話しかけてきた

おいお前さん、ここで両替をするのはよしておいたほうがいいぞ、絶対ほかでやったほうがいい

となんかそんなようなことを言われた

親切そうにしてくるやつほど信用ならないということをこの旅行の1ヶ月前に歌舞伎町で思い知らされた俺は疑心暗鬼になっており

いや、いいよ俺はここで両替をするんだからと言って耳を貸さずにその両替所で両替をした

ここでもやはりレートは同じ

うーん、おかしいなと思って両替した際のレシートを見てみると、コミッションの欄がありそこには20%の文字があった

コミッションつまりは手数料が20%かかるというわけだ

20%!?は?ハメられとるやんけ

どうりで5000かと思ったのに4000になるわけだいい加減にしろ

こんなん完全に罠じゃねえか

さっき忠告してくれたおっさんめちゃくちゃいいやつだったようだ

すげえなめた感じで追い返しちまったまじでおっさんに悪いことをしてしまった

とりあえずハメられたにしろお金はできたので行動を開始する