読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生オワタカの冒険~インドネシア編~ジャカルタ2日目その3クラシックホテル

モスクを出て近くにある教会へと行ってみたがなぜか閉まっていたのでとっとと諦めてこれにて観光はお終い

クラシックホテルに向う気まんまんだったがタクシーの中でなぜか心変わりをしてマリオボーロホテルへと向かった

f:id:jinnseiowataka:20160121232907p:plain

マリオボーロホテルに入ると入口で腕輪を渡された

後で清算するいつもの方式のようだ

とりあえずバスローブに着替え一階にある銭湯的なところへと入っていった

泊っているホテルには風呂がなかったのでここぞとばかりに風呂に浸かりまくる

サウナにも入ったりして心と体を癒しまくる

風呂を出た後は二階になんかあるみたいだったので行ってみた

2階に上がった先には左右に店があった

外からちょろっと見たところバーのようだった

昼間っからバーとか意味あんの?とわけのわからんことを考えマリオボーロホテルを後にした

ただ風呂に入りに来ただけとか無駄すぎるっしょ

当初の予定どおり行動すべきだなということでクラシックホテルへと向かった

f:id:jinnseiowataka:20160121232307p:plain

クラシックホテル内には1階と3階に置屋があるという情報がネットに書かれており3階のほうがいい的なことが書かれていた

こりゃもう3階一択でしょと思いながら3階に行く気まんまんだったが1階から2階にあがるエスカレーターが止まっている

あれ?これ2階以上はやってないのかな?と思い諦めかけたがマリオボーロで何もしなかったので元気が変な方向にありあまってしまっており

行かずしていられるかということで止まっているエスカレーターを階段よろしくずんずん登って行った

3階には人の姿がほとんどなかった

ただ一角の何か店っぽい入口の前に何かの従業員っぽい男が3人くらい待機していた

これあれですわ間違いないということで男たちの方へ一目散に歩いていった

予感は正しくクラシックホテルの置屋のようだった

3人の男によってたかって荷物検査をされる

カメラを預けさせられたここは無料だったのは助かった

ズボンに巻いていた時計を見てこれはカメラじゃないのか?とかすげえ疑ってくるなどチェックが厳しい

ちげえよたわけ!と一喝し中へと入る

時間がまだ午後3時ころだったので人が全然いないがらんとしている

女の子も少ないが選べるレベルは何人かいる

入るなりママに腕をホールドされて席に通されこの子はどうだあの子はどうだと営業をかけられまくる

正直うざい

ママが最初に連れてきたのはぽっちゃり系女子

うーん論外あんまり俺をがっかりさせるなよ

いいかママよよく聞けよ?俺は細見の女性が好きなんだわかるな?

そういうと次に連れてきたのは注文通りで細見しかも結構かわいい

おいおいやればできるじゃないかとママを褒めてやった

今日は世界の食糧難の問題について討論を交わしたいなと個室へと移動した

300000ルピアくらい払ったんじゃないかななんだかんだで

その後ホテルに一旦帰り再度外出

目指すはホテルシャングリラ