読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生オワタカの冒険~インドネシア編~インドネシア入国

ゴールデンウィークインドネシアジャカルタへ4泊5日の旅程で行った

航空券8万5000円時期が時期だけに結構高かったやむをえまい

成田からJALでジャカルタまで直行便

インドネシアへの入国の際のビザが無料化するとかしないとかいう話があって結局どっちなのかよくわからなかったのでとりあえず35ドルだけドルを持って行った

ジャカルタまでは片道8時間かかる結構遠い

今回初めてJALの飛行機に乗ったが、よく使う大韓航空中国東方航空に比べご飯がおいしかったのがよかったし、映画が日本語全対応で日本のまだDVD化していないアニメ映画が見れたのがさらによかった

そのせいかいつもより退屈せずに空の旅を終えることができた

午後4時ジャカルタに到着まだ全然日は高い

気温は同じ時期の日本に比べ若干高めだが非常にカラっとしており不快な感じではない

入国手続きをするわけだがとてつもなく並んでいる

ビザどうしたらいいんだろうかと思いながら長い列にとりあえず並ぶことにした

並んだ列が受付が他は2つあるのに1つしかないはずれ窓口だということに途中で気が付いた

途中まで並んでいたので今更感はあったが一旦離脱して2つ窓口がある列に並びなおした

列を移り並ぶ中、周りの人がなにやらの紙を持っておりそれを入国審査の窓口に渡しているのを見かけた

あれはビザ関連の何かじゃないのか?俺持っていないんだが?と慄きつつもなすすべなく列に並び続ける

何十分かしてようやく自分の番がきた

パスポートを渡した後よく聞き取れなかったが「~も出して」みたいな感じで言われる

パスポート以外持ってないのでやっぱりビザ関係で何かいるんだなと思いつつも「他には何もないですが」と答えるとじゃあだめだみたいなことを言われる

じゃあどうすんの?みたいな感じでいるとあっちの方へ行けみたいな感じで指を指された

はいはいわかりましたよということで指を指された方へ行くと入国審査の窓口の隣に何やら窓口的なものがあった

どうやらそこがビザの何やらをなんだかんだする窓口らしい

とりあえず窓口で35ドルを何も言わずに出してみた

すると何かの紙をもらえたこれがビザのなにやらに違いない

さっそくその紙を持ち再度列に並びなおす

入国審査では特に何も聞かれず判子ポンだった

俺が入国審査するころには列はほとんどなくなっており、ほぼほぼ最後にインドネシアへの入国と相成った

すごくモタモタしてしまったもうちょっとスマートにこなしていきたいところである