人生オワタカの冒険~ブラジル編~サンパウロ2両替飯バス電車

昨日は夜遅くまで護衛しにきてもらっていたので10時ころのんびり起きだす

とりあえず両替をしないとなと思い立ち両替屋を探す

ガイドブックに銀行で両替ができると書かれていたので銀行を探すべく街を歩く

大通りであるパウリスタストリートを南進していく

f:id:jinnseiowataka:20151221015656j:plain

通り沿いには売店が100mくらいの間隔で立ち並び本をメインに商売をしている店内の9割を本が占めていて残りの1割でお菓子とか飲み物とかを売っている感じこんなに近い感覚で売店がある意味がわからなかったが一つの場所にコンビニほど大きなスペースが取れないからkioskのような感じで乱立しているのかもしれない

通りのいたるところでヒッピーが木でできた小汚いアクセサリーを売っているし

大道芸人に分類されると思われるやつらが芸をしていたり楽器を演奏していたりする

そんな風景を横目に黄色でおなじみのブラジル銀行を発見したのでとりあえず中に入ってみる

銀行内にさらに回転扉が設置してあり、銀行内においても中と外に分かれていた

とりあえず更に中に入ろうと回転扉を押して中に入ろうと思ったが回転扉が回らない

なにこれどうなってんの?と思い必至に押すもびくともしない逆方向に戻ろうとしても戻れなくなってしまった

扉と格闘していると回転扉の中にいる警備員らしきおっさんが近づいてきて

ジェスチャーを交えて何か言ってきたが全くわからない

どうやら会話が通じていないと思ったおっさんはだめだこいつみたいな感じで

回転扉を逆方向に回して回転扉内に閉じ込められていた俺を出してくれた

出してくれたわいいが中には入れてくれようとしなかったので回転扉をあきらめて銀行を後にしたこれはだめだとあきらめ銀行を後にした

さらに南に向って歩き銀行を探す

再び銀行を発見中に入ってみる

受付のお姉ちゃんにここ両替できる?と聞いたところできないと言われた

銀行で両替できるなんて嘘情報じゃねえかと憤っていると

受付のお姉ちゃんが道路を挟んで向かい側にブラジルの旗が刺さっているでかい

建物があるでしょ?あの建物に両替屋があるよと教えてくれた

お姉ちゃんに言われた通りブラジル国旗の刺さった建物に行ってみたところ

両替屋を発見した

マジ銀行で両替できるとかどこソースだよ全然信用できない

f:id:jinnseiowataka:20151221015719j:plainf:id:jinnseiowataka:20160106235249p:plain

 

両替屋に入ると発券機があり、券を取って順番がくると電光掲示板に番号が表示される仕組み

番号が2種類あってよく仕組みがわからなかったがとりあえず待合所で順番を待つ

しばらくすると番号が表示されたので窓口へと向かった

パスポートを提示しドルをレアルへと交換した

レートについては200ドルで756レアルだった空港に比べると格段にいいレートだった

資金も調達したことだし観光でもしようかと思ったが、近くに観光したいところがなかったとりあえず飯でも食うかということでガイドブックに載っているシュハスカリアに行ってみることにした

サンパウロ美術館の交差点を南西に向って30分ほど歩いていくと目的の

シュハスカリアに到着した地図では近く見えたのでまさか30分の歩かされるとは思ってもいなかった

帰りはタクシーかバスに乗ろうと思いつつレストランがあくまでぶらぶらして開店と同時に店内に一番乗りで突撃した

f:id:jinnseiowataka:20151221020029j:plain

この店は食べ放題席に座るとまずは飲み物を注文し、中央にあるサラダバーで野菜等を取ってくるように言われた

その後肉の説明が始まった

テーブルにはコインが置かれており、コインの緑の面を上にしているとその間は肉がテーブルに来ることはなく、コインの赤を上にしておくと肉が次々に運ばれてくるといったシステム

とりあえず赤にしておくと串にささったでかい肉が運ばれてきて、その肉を運んできた兄ちゃんが切り分けてくれる肉が運ばれてくる頻度はかなり頻繁でずっと赤にしていて、すべて肉を切り分けてもらっていたらあっという間に皿が肉まみれになってしまうくらいの感じだった

f:id:jinnseiowataka:20151221020337j:plain

とにかく運ばれてくる肉で食ってないやつを全部食ってやろうと思って食いまくっていたが、客が他にもいるのですでに食った肉も当然運ばれてきてなにを食ったのかわけがわからなくなってしまいそうこうしているうちにおなかがいっぱいになってしまい全種類を制覇することはできずフィニッシュした

お肉食べ放題で135レアル日本円で約5000円だった

予想以上に食い過ぎてしまい結構気持ちが悪い

ホテルに帰って横になりたかったがさすがにもったいないということで散策を続けることにした

シュハスカリアからパウリスタ通りまでバスに乗っていくことにしたサンパウロでのバス初体験である

ガイドブックによると通常のバスのほかに連結バスなどバスにも種類があると書かれているそして連結バスなどは普通のバスと料金体系が違うと書かれていたしかも料金体系が違うと書かれているだけで具体的にいくらとは書いてなかった

全然使えねえガイドブックである

そもそもバスの乗り方がわからない金が後払いなのか先払いなのかもわからない

とりあえずバス停で他の人のバスの乗り方を観察する

どうやら全バス共通して先払いの一律料金のようだった

お値段3.5レアル

フォスドイグアスのときのったバスと乗り方は同じだった

f:id:jinnseiowataka:20151221020710j:plain

 お金回収係りに金を私ゲートを通って車内へ

とりあえずバスにゆられて道を走っていく

どのタイミングで降りればいいのかわからない

そうこうしているあいだにパウリスタストリートを過ぎてしまった

運よくパウリスタストリートを通り過ぎたあたりで降りる人がいたので

一緒になってバスを降りる

少し歩いてパウリスタストリートへ復帰できた

f:id:jinnseiowataka:20151221022410j:plain

バスには乗ったので次は電車だということで駅に入っていく

電車は券売機は見当たらず券売所にならんで券を買う

最初はどこどこまでと駅名を言ってしまったが

電車も一律の金額だった

値段は忘れた3.?くらいだろう

f:id:jinnseiowataka:20151221022339j:plain

改札で切符を入れると改札を抜けれる一律金額なので切符は戻ってこない

そして電車でリベルダーデといわれる日本人街のある街へと向かった

パウリスタ通りの南東に位置するパライソで降りてそこから歩いて北進し

リベルダーデへ向かった