読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生オワタカの冒険~ブラジル編~ドイツ入国

ブラジル ドイツ

ついに旅行当日、その日深夜2時まですね毛を剃ったりしていたので寝坊が怖かったが、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めてしまった

どれだけ俺は楽しみにしていたんだよっていうね

何事もなく空港に着き飛行機も時間通りに出発

飛行機はルフトハンザ

ドイツまで12時間のフライト

日本語吹き替えの映画があり良かった日本語字幕が一番だがそこまで贅沢は言えない

飲食に関してはとりわけ文句はない十分だった

席に関しては狭いがエコノミーならこんなもんだろうという広さ

俺はどっちでもいいけど日本人のCAもいたので俺の横に座っていた見ず知らずの腐れババアはなんかババア同士で日本語通じる人がいてよかったねとかのたまっていた

ドイツ人と思しきCAも飲み物配るとき片言の日本語を話していたのでジジイやババアにはありがたいに違いない

不満といえば隣に座っていた腐れババアがイカレてたことくらいだろうか

俺の座っているシートの方まで足を延ばしてきて俺の足を踏んできやがる

まじこのイカレババアさすがの俺も切れちまいそうだよ完全にどうかしている

そんな嫌なこともあったが寝たり本を読んだりして時間を潰しドイツはフランクフルト国際空港に到着した

次の便の乗り継ぎまで約6時間半

時間が結構ありそうであんまりないこの状況を最大限利用していかなければならない

入国審査は何も聞かれず判子押してくれこの上ないくらいスムーズにドイツに入国をはたした

残り約6時間と少し

とりあえずというかこれしか目的がないのでFKKはoaseを目指す

空港の駅で切符を買おうとする切符の自販機で並んでいると前の中国人らしき女の子二人がもたもたしている

おいおい俺は一分でも惜しいんだよと思いながら並んでいると「すいません、ここにいきたいんですけど切符どうやって買ったらいいですか」的なことを言って目的地の書いてある紙を見せてきた

正直全然知らない地名だったということもあり、すいませんわかりません切符の買い方もよくわかりませんといって受け流して空いている自販機で淀みなく切符を選びその場を後にしたまさに外道

8.5だか8.7ユーロだかその辺の金額の一日乗車券を購入した

空港の駅からフランクフルト中央駅へ行き、そこからs5の電車に乗ってバッドハンブルクまで向かった

本来ならバッドハンブルクの二駅先のfriedrichsdorfっていう駅まで行きたかったがバッドハンブルクがその電車の終点がそこだったので、下車し乗り換えをする時間すら惜しかったのでそこからタクシーでoaseへと向かった

oaseまで結構距離があるのでため料金は約20ユーロした

そしてoaseに到着残り5時間

ざっと計算して滞在時間は2時間から2時間半くらいそこまでゆっくりしていられない

とはいえ一年ぶりのoase楽しまなくては損である