人生オワタカの冒険~インド編~三日目⑥コルカタを出立する前に男四人でディナー

俺、日本人、インド人、ロシア人の4人で飯を食いに行く

店の選択はインド人任せ

シーシャがやりたいのと酒が飲みたいという旨だけ伝えておいた

着いたのはサダルストリート内にあるKFCが入っているビル

KFCの前を通り抜け階段を3階まで昇る

何かの店っぽい入口があり、その前にインド人が立っている

ガードマンなのか案内係りなのか判然とはしない

俺の連れているインド人が立っているインド人に何かを言い店の中に通された

席に座り酒とシーシャを頼む

インド人によるとこの店はローカルの人しか入れない店らしい

このインド人が顔が効くと言うことで入れたらしい本当かはわからない

嘘か真かこの界隈で基本的に酒を提供する店はないらしいが

こういうローカルのやつしか知らない店でなら飲めるとのこと

ここ以外にもちょこちょこそういう店はあるらしい

インド人が急に下世話な話を語り出した

そういう店がインドで一番ある都市はコルカタだと言う

コルカタは比較的規制が緩いからインド中から集まってくるらしい

なんならコルカタはそれが目玉と言っても過言ではないとまで言っていた

インドだけでなくネパール人だけの集まる所もあるし

そこそこ高級な所もあるらしい

ソナガチはどう?と聞いたらソナガチは汚いから全然よくないと言っていた

もうちょっとコルカタにいてくれればそういう店俺はいっぱい知っているから案内できるのにと言われちょっと心が揺らいだ

ネットに情報が出てないだけでコルカタには思ったより色々とありそうだ

ちなみにインド人のハイクラスな人やマフィアなんかはゴアで遊ぶらしい

かつてのヒッピーの聖地だ

ロシア人なんかの白人の綺麗なお姉ちゃんがいる所があるとかなんとか

今更だがこのインド人は普通に良い奴でなかなかいい話を聞かせてくれる使える奴だった

変な帽子を200円高く買わされただけで酒とシーシャができるところを案内してくれたばかりか情報までもらったので200円の元は取ったのではないだろうか

午後7時になり、そろそろ駅に向かう時間になった

飯の代金は割り勘

インド人も普通に払ってくれた

インド人にコルカタには列車の駅が3駅あるからと間違えないよう何度も念を押された

君の乗る列車が出るのはハウラー駅だからねと

サダルストリートからハウラー駅までの相場は200ルピーだよ

それとバラナシ行きの列車は8番ホームだから迷わないようにね

最後の最後まで疑っていたが、すごく面倒を見てくれて良い奴だった

サダルストリートからハウラー駅の道中はかなり渋滞しており、そんなに遠くないはずなのに1時間かけてハウラー駅に到着した

列車の発時間は8時30分なので結構ギリだった